ちょっとお金が必要な時に便利なモビット

結婚式が同じ時期に何組も重なったり、ついつい娯楽にお金を使いすぎてしまったり…ちょっとお金が必要な時に、消費者金融でお金を借りたいけれども、何社も選択肢があってどこにしたら良いかわからないといった方にお勧めが、モビットです。

モビットは他社に比べて年利も4.8%からと低い設定になっていますので、負担無く借入が出来ますし、申し込みもしやすいのが特徴です。最近はアプリ等もありますので、若い方でもスマホで気軽に申し込みが出来るのが嬉しいですね。実際に店舗に行かなくても手続きを済ます事が出来るので、安心して申し込みが出来ます。

また、審査も早い事がモビットの特徴の一つですが、それだけではなく、通常は審査の際に必要な電話連絡が無いんです!これは借りる側からすると大変ありがたいですよね。勤務先に電話がかかってくる場合等は、どうしてもドキドキしますし、少し後ろめたさも感じてしまう事もあります。そういった不安に悩まされる事がないのは嬉しいです。

そして、モビットでは借りる立場の人の事も考えて、もう一つ嬉しいサービスがあります。カードローンであるにも関わらず、カードの発行なしという選択も出来るのです。

身内に内緒で借入をしている人は、どうしても実物のカードの存在が気になるもの。その点で申込みから借り入れ、返済まですべて「WEB完結」で行えるというのは、まさに今の時代に合った、借入の方法なのかもしれません。

プロミスの広告、変に明るくないですか!?

私は今までプロミスなどの金融機関でキャッシングを利用したことはありません。広告はよく見ます。地下鉄の中、JRの中、CMなど。そういったものを見るたびに、「お金を借りるって借金することなのに、決して良いことではないのになぜこんなに明るい感じで宣伝するのだろう。」と思っていました。少なくとも私には、急にまとまったお金が必要で、30万とか40万とか、それをまかなえるぐらいの貯金すら無い、というシチュエーションが想像できません。ですが実際にそういった方々もいらっしゃるのでしょう。では実際に、プロミスの公式HPに行ってみました。すると、少し思っていたのと違います。広告ではビビッドな色使いであったり、谷原章介さんのポジティブな演技が目に付いていましたが、HP自体は落ち着いたデザインであり、広告などよりもずっとお堅い印象を受けます。なるほど、お金を借りたいと思ってる人が、「借入→プロミス」という思考をつなげやすくするため、宣伝ではとっつきやすい印象をという配慮なのでしょうか。詳細な返済シミュレーションも誰でもできますし、借金というハードルがぐっと下がります。それだけ危機管理能力も必要になってきますが・・・。私はお世話になることの無いようにしたいと思います。

アコムWEB借入申込方法

お金を借りたいと願う時、気を使います。自分がもしもお金を貸して欲しいと言われたら、嫌だなっと思いますし、それに相手の事を下に見てしまいます。だから自分がお金を貸して欲しいと言うのがイヤです。

しかし、どうしてもお金を借りたいとなると、周囲に言うのは気を使うので、金融業から借りたら良いと思いますが、店舗に来店して貸して欲しいと言うのがイヤです。

そんな時には、WEBで借入が出来る方法でお金を借りるのが良いと思います。お金を借りるのなら、評判も口コミも人気がある企業に借りたら安心です。

そこで見つけたのが、消費者金融のアコムのWEB申込です。これなら、人に逢わずに、24時間365日いつでも申込が出来ます。

WEB申込は、インターネットパソコン、iPad、スマートフォン、携帯などに、アコムの画面を出して、必要事項を入力いて行くのです。

住所や、氏名や、連絡先、勤務先、年収や、借入希望額などを入力して、身分証明証、収入証明証などは、カメラで撮影し、アップロードで提出したり、カメラアプリで送信したりFAXで送信したり、コピーを郵送したりなどの方法で、申込を済ませます。

そして審査になるので、30分程度待っていたら、連絡メールが入ります。不明な点があれば、電話連絡が入ります。

審査が通った結果だったのなら契約をします。この後に、アコムのカードが必要なら、むじんくん自動契約機で受け取りに行ったり、アコムの店舗に取りに行ったり、郵送で送って貰ったり自分の都合で受け取れます。

そしてカードの借入では無くて、振込んで貰う場合は、すぐに処理が済みます。誰にも逢わないで、WEB契約をしたいのであれば、振込み借入の方が良いでしょう。